>特集>神社挙式で伝統的な結婚式を挙げて思い出に残そう

流行中の神社挙式とは

古来から続く日本の伝統的で独特なスタイルが神社挙式で、最近福岡でも人気を博しています。着用する和装や厳粛な雰囲気が、神社挙式ならではの魅力と言われます。

神社挙式の流れ

花嫁

新郎新婦の入場である参進の儀

太鼓や竜笛などで奏でられる雅楽の中、斎主や巫女に誘導されて、新郎新婦と、その両家の両親や親族が本殿まで歩いて移動をします。その後、席につくでしょう。

挙式前に行なう修祓の儀

罪や穢れを祓い心を清めていく儀式が行われます。具体的には、神主が言葉を述べた後、大幣でお祓いをして身を清めるでしょう。

神に感謝して幸せを願う祝詞奏上の儀

修祓の儀を終えると、祝詞といって神様に伝える言葉を意味したものを喋り、神主が両家の結婚を神様に報告するのです。新郎新婦やご家族にとっての幸せを願う、大切な儀式です。

三三九度とも呼ばれる三献の儀

祝詞を唱えて神様へ報告が済むと、次は夫婦の契りを交わす儀式が行われます。新郎新婦が大・中・小の3つの盃で御神酒を三口で飲むという三献の儀が進みます。

この先ずっと夫婦であることを誓う誓詞奏上

新郎と新婦が神前で夫婦になるための誓いの言葉を奏上していきます。この後、玉串を神殿に捧げておじぎをし、退場となるでしょう。

世代を問わず厳かな雰囲気の挙式が人気!

神社挙式は、このようにいろんな儀式が行われて進んでいくのです。しかし、結婚式はそんなスタイルであれ、人生での大きな節目で一大イベントです。そのため、日本人は厳かな雰囲気を重視します。また、雰囲気をより高めるために身につけるものにも注目しておきましょう。

神社挙式で伝統的な結婚式を挙げて思い出に残そう

新郎新婦

神社挙式の衣装について

神社挙式での新郎新婦の服装は、花嫁の白無垢や打掛をはじめ、花婿の袴姿などの和装が基本です。伝統ある神聖な木造建築の神社拝殿という場所で行われますので、建物内部の木造構造と共に和装が一層映えて映り、凛として新郎新婦を美しく魅せます。特に他のスタイルでは味わえない新郎の羽織袴姿も、日本独特の男らしさを強調してくれます。

神社挙式とチャペル挙式の違い

チャペルスタイル

チャペル挙式は教会か結婚式場の模擬チャペルで、牧師の主導でキリスト教スタイルで執り行われます。

神社スタイル

神社挙式は神社拝殿かそれを模した場所で行われ、式次第は神主主導の神社スタイルで執り行われます。

広告募集中